• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > クリニック紹介 > 在宅緩和医療

クリニック紹介


最後まで人として ―もしも、末期ガンで治療が難しいと告げられたら・・・積極的に闘病したいのに、痛み等で治療が困難な場合に・・・


在宅緩和医療への想い(我が恩師の言葉)

在宅緩和医療、在宅ホスピスに対するイメージは「不安」「大変そう」というようなものが多いのではないでしょうか。在宅専門の医師がいない事、365日24時間対応をしていない事が在宅医療への不安を大きくしているのではないかと思われます。

私は365日24時間対応で取り組む事によって安心して自宅で療養していただける様になればと考え、日夜走り回っております。体力勝負に近い毎日ですが、哀しみも喜びもたくさんあって充実した日々を過ごさせていただいております。
この国の人々が、安心して在宅という選択肢を選べる世の中を作っていけたらと考えています。


在宅ホスピスとは?

末期癌患者さんが大切な時間を過ごす場所は、おおむね病院・ホスピス・自宅の3通りです。末期癌患者さんの苦痛や不安を和らげる緩和医療学は、いまだ充分浸透していないので、病院で過ごされる場合、痛みやその他の苦痛のコントロールは良好にされているとはいえません。

苦痛を緩和する専門施設であるホスピスでは十分な症状コントロールが可能ですが、残念ながら山梨県では十分に受け皿が確保されているとは言い難い状況です。
当院では自宅で施設ホスピスと同様のケアを提供して、その人らしい時間を過ごせる様に支援しています。

在宅ホスピスについてのよくある質問


なぜ在宅?

現在の日本では「住み慣れた我が家で最期を迎える」と言う、昔は当たり前だった自宅での看取りが非常に少なくなっています。そこには様々な理由が有りますが、大きな理由の一つに医療面でのサポートが十分でない事が挙げられます。

医療面でのサポートが十分であれば自宅での看取りはかなり身近なものとなります。自宅での療養は病院よりはるかに自由な生活を送る事ができます。

自宅でくつろげる事により、気持ちが明るくなり痛みや症状が緩和される事があります。また、大切な人とかけがえのない時間を長く共にする事ができます。

ホスピスが痛みやその他の苦痛を緩和し、その人らしい終末を迎える場所であるならば、自宅はもう一つの理想の場所なのです。いいや、ホスピスは限りなく理想に近いけどやはり似て非なる偽物です、あなたらしさ、ありのままの自分が出せるのはご自宅以外にありません。その究極のお手伝いをさせていただきたいと思っています。


文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ