• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > Q&A > ペインクリニックに関するQ&A

ペインクリニックとは?

ペインクリニックに関するQ&A

ペインクリニックは具体的に何をするところですか?
首・腕・腰・膝などの痛み、神経麻痺、循環障害を伴う疾患が主な治療対象となります。神経ブロック療法を用いた治療が中心となりますが、症状に応じて西洋薬や漢方薬などの内服薬も利用します。また、キセノンや赤外線などの光線治療、温熱治療、干渉波治療などの理学療法も用います。
ペインクリニックってどんなところ?
神経ブロックを受けたいのですが、とても痛いのですか?
初めて神経ブロックを受ける場合は「ブロック注射は痛いのではないか。」と痛みの心配している方がしばしば見受けられます。当院では、できるだけ痛みを伴わない治療を心掛けていますので、神経ブロックがいつ終わったのか気付かない方もいらっしゃいます。終わってみると杞憂であったことがわかります。
痛みを取るだけでは根本的な治療にならないのでは?
例えば虫垂炎(盲腸)では痛みだけを取り除いても適切な治療にならないのは当然です。虫垂切除などの外科的治療が必要です。
痛みに関しても、根本的な治療方法が存在する場合はそちらを優先する方がよいでしょう。しかし、その様な治療方法がなく、長年痛みに耐えている患者さんは意外と多いのです。こうした痛みを半分に軽減するだけでも意味があると考えています。
また、痛みそのものを病気として捉えることもできます。強い痛みを我慢していることは精神的のみならず、神経生理学的も決して良いことではないのです。
ペインクリニックの意義
“神経ブロック”と“麻酔”は何が違うのですか?
どちらの場合も局所麻酔薬を用いますが、神経ブロックの場合は麻酔より低濃度の局所麻酔薬を用います。また、麻酔では手術時間だけ十分な効果があればよいのですが、ブロック療法では局所麻酔薬の薬理効果が消失した後でも痛みが軽減していることを期待して行う治療法です。繰り返すことで痛みが和らぐこともしばしば認められます。
腰痛や坐骨神経痛の治療に用いる神経ブロックは何種類かあるのですか?
硬膜外ブロックが最も一般的ですが、安全で効果的なブロックを行うには手技の熟練が必要です。トリガーポイント注射は手技的には容易ですが、効果が硬膜外ブロックほどには期待できないことがしばしばです。
この他、X線透視下で行う神経根ブロックや椎間関節ブロックなどがあります。神経根ブロックは激痛を伴うので当院では行いません。
何回くらい神経ブロックを行ったら良いですか?
病気の種類や程度によりますので一概には言えませんが、急激に発症した痛みの場合は1~数回で痛みがとれる事がしばしばです。慢性的な場合は、痛みが軽減すればブロック間隔を徐々に延長し、その後にブロックを終了します。
“痛み”は、いわゆる“症状”ですよね?
短期間の痛みである”急性痛”では、痛みは症状であると考えてもよいと思います。 しかし、長時間、痛み刺激に耐えていると神経細胞が変化してしまうことが最近わかってきました。その結果、痛みに過敏になり、いろいろな治療が効き難くなってしまいます。
こうなってしまうと、痛みは”症状”というよりは、”病気そのもの”とみなさざるをえません。神経痛や帯状疱疹の痛みなどはその例です。もっと厄介な痛みとしては、複合製局所疼痛症候群が知られています。


文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ