• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > ペインクリニックとは? > ペインクリニックってどんなところ?

ペインクリニックとは?

ペインクリニックってどんなところ?

すべての痛みに対して診断・治療行う専門外来です。様々な痛みの悪循環を解消することで痛みを改善していきます。

ペインクリニックの図解

すべての痛みが対象です。麻酔科医が行うため、安心です。
お気軽にご相談ください。


ペインクリニックの意義(価値)

痛みそのものが大きなストレスとなり、免疫力が低下し、病気が悪化したり、治療の効果があがらず、また精神的にも辛くなってきます。 また、痛みのせいで食欲が低下し、夜も眠れなくなると治る病気も治らずましてや増悪します。原疾患がなんであれこの悪い歯車がかみ合い負の連鎖を引き起こすことを痛みの悪循環と呼んでいます。痛みの悪循環を断ち切ることによって身も心も健康となり血流も良くなり回復へ向かっていきます。


ペインクリニックは付け焼刃(ごまかし)?

ペインクリニックといえば痛みをとる治療が中心となりますが、決して「痛みを取るだけ」で病気がなくなったわけではないごまかしと思われがちですがそうではありません。神経ブロックなどでは、痛んでいる神経や神経の近くに痛み止めのお薬を打ち、 痛んだ神経を治療すると同時に、周囲の血流を良くし、自ら治す治癒力を促進させるものです。
この神経ブロック療法には様々な種類があり、症状や経過にあわせて方法を変えていきます。 自律神経バランスを整えることによりホルモン、電解質のバランスも良くなり免疫力を高め、ストレスに強い体を作っていくことによって原疾患の治癒にも必ず良い影響をおよぼします。そもそも「痛みさえなければねえー。」という発言は最も多く聞かれます。痛みがあると患者様の生活の質が著しく損なわれます。
痛みは我慢していても治りません。まずはどのような痛みでも気軽にご相談ください。

頭痛・肩こり・生理痛・腰痛・腰下肢痛・三叉神経痛 椎間板ヘルニア・帯状疱疹・五十肩・術後痛などの痛みによるものから、花粉症・眼精疲労・顔面神経麻痺・顔面けいれん 自律神経失調症・突発性難聴・メニエール病、更年期障害・多汗症等、 何でもご相談ください。

こんな痛みの時には…

竜王ペインクリニックの特徴は、他の方法でとれない痛みの多くを神経ブロック療法という手法を 併用することで治療できることです。 また使うお薬は、ほとんど副作用もなく何度使用しても安心です。
また、投薬による痛みのコントロールも行います。専門家による特殊なお薬の投薬により、 一般の痛み止めでは効果がなかった痛みにも効くことがあります

当クリニックについて


扱う疾患

・腰痛  ・坐骨神経痛  ・ぎっくり腰  ・腰椎捻挫  ・椎間板ヘルニア  ・脊柱管狭窄症  ・骨粗鬆症 ・腰椎圧迫骨折  ・帯状疱疹の痛み  ・帯状疱疹後神経痛  ・顔面の痛み(三叉神経痛)  ・舌の痛み  ・慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)  ・肩こり  ・首の痛み  ・頚椎捻挫  ・手のしびれ  ・幻肢痛 ・肋骨の痛み ・手術後の遷延した痛み(頚椎、腰椎、肺や食道など)  ・関節の痛み(膝・肩など)  ・癌の痛み  ・リウマチの痛み  ・閉塞性動脈硬化症  ・バ-ジャー病  ・ゴルフ肘  ・テニス肘  ・痛み以外の疾患(顔面神経麻痺 顔面痙攣 多汗症 突発性難聴 手足の血流障害 アレルギー性鼻炎)など



文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、整形外科、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ