• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > ペインクリニックとは? > こんな痛みの時には…[ 首・肩の痛み ]

ペインクリニックとは?

ペインクリニックってどんなところ?

体の部位別に詳しい症状、疾患を解説いたします。気になる部分をクリックしてください。

  • 頭痛
  • 顔面の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 腕・肘・手の痛み
  • 胸・背中・腹の痛み
  • 腰の痛み
  • 脚・膝・足の痛み
  • その他

首・肩の痛み

[ 首 ]
骨や筋肉に異常がない痛み(機能性の痛み)と骨や筋肉に異常がある痛み(器質異常による痛み)に分けられます。

主な症状 ・首、肩のこり ・首、肩の痛み ・首が回らない ・むちうちの痛み
・肩が上がらない

寝違え (ねちがえ) [機能性の痛み]

適切な病名がない急性の頚部痛です。朝起きたら頸が痛くて回らないという状態です。

肩こり (かたこり) [機能性の痛み]

先天的に頸椎の並び方が割とまっすぐな方は肩がこりやすいのですが、デスクワーク中心で何時間も集中して仕事をされる方は肩がこりやすいです。

頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)  [機能性の痛み]

原因のはっきりしない、頸や肩の痛みの総称です。


これらの痛みには症状に応じて星状神経節ブロック、深頚神経叢ブロック、トリガーポイントブロックなどの神経ブロックを行います。

頸椎椎間板ヘルニア (けいついついかんばんへるにあ)  [器質異常による痛み]

いわゆる腰のヘルニアが頸に起きているものです。頸の骨と骨の間にある椎間板というクッションがはみ出して頸の神経を圧迫している状態です。頸や腕に痛みやしびれが出てきます。

頸椎症 (けいついしょう)  [器質異常による痛み]

頸の骨の変形により頸の神経を圧迫して頸や腕に痛みやしびれが出ている状態です。




[ 肩 ]
肩の痛みは打ったり転んだり、ものを投げたりした後に起きる急性の痛みは整形外科治療の対象となることが多く、ペインクリニック治療の対象となる痛みの多くは慢性に経過している痛みです。

主な症状 ・首、肩のこり ・首、肩の痛み ・首が回らない ・五十肩
・むちうちの痛み ・肩が上がらない

肩関節周囲炎 (かたかんせつしゅういえん)・五十肩(ごじゅうかた)]

50歳前後に生じる肩の痛みで、腕を動かそうとすると肩に痛みが出てきます。これといった原因が特定されないのですが肩の組織の加齢による変化の結果とも言われています。約1年以内に自然治癒することが多いのですが夜痛くて寝られない場合もありペインクリニックの治療対象となります。肩甲上神経ブロック、トリガーポイントブロックを行います。肩関節内にヒアルロン酸注入も行います。急性期の傷みの強い場合は肩関節内に局所麻酔薬や副腎皮質ステロイド薬の注入も行います。

石灰沈着性腱板炎 (せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

夜に急激な激しい痛みが起きて発症することが多い肩の痛みです。肩の前外側をおすとすごい痛みがあります。レントゲンではこの圧痛部に石灰沈着が観られます。肩甲上神経ブロック、鎖骨と上腕骨の間の関節(肩峰下滑液胞)へ局所麻酔薬や副腎皮質ステロイド薬の注入を行います。レントゲン透視下で石灰沈着物質を直接吸引することもあります。

上腕二頭筋長頭腱炎 (じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)

上腕二頭筋は力こぶの筋肉で肘を曲げる働きがあります。この筋肉の腱が肩の前の方を通って関節の中にくっついています。この通過部分に炎症が起きている時に肩の前の方の痛みが起きます。五十肩として扱われる場合も多いのですが炎症がある部位(おすと痛いところ)に局所麻酔薬と副腎皮質ステロイドを局注すると奏功します。




文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ