• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > ペインクリニックとは? > こんな痛みの時には…[ 腕・肘・手の痛み ]

ペインクリニックとは?

ペインクリニックってどんなところ?

体の部位別に詳しい症状、疾患を解説いたします。気になる部分をクリックしてください。

  • 頭痛
  • 顔面の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 腕・肘・手の痛み
  • 胸・背中・腹の痛み
  • 腰の痛み
  • 脚・膝・足の痛み
  • その他

腕・肘・手の痛み

この痛みは頸の痛みの項で述べましたように頸の病変(頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア等)が原因の場合と、腕・肘・手自体の病変が原因となる場合があります。前者が原因の場合は頸の病変の治療を行います。(頸の痛みの項を参照してください)。ここでは後者が原因の痛みについて解説致します。

主な症状 ・腕の痛み ・手の痛み、腫れ ・手のしびれ ・多汗症
・手に力が入らない

上腕骨外側上顆炎 (じょうわんこつがいそくじょうかえん)

テニスのバックハンドで手首をそらして生じることがありいわゆるテニス肘といわれております。手の使いすぎで起きる前腕や肘の外側の痛みです。テニス肘バンドで筋肉の動きを押さえて安静療法が主体ですが星状神経節ブロックを行うこともあります。痛みの強い場合は局所麻酔薬や副腎皮質ステロイドによるトリガーポイントブロックを行います。

上腕骨内側上顆炎 (じょうわんこつないそくじょうかえん)

テニス肘とは逆に手首を曲げることを酷使して起きる前腕や肘の内側の痛みです。ゴルフ肘とも言われております。治療はテニス肘に準じます。

変形性肘関節症 (へんけいせいちゅうかんせつしょう)

肘の外傷や肘の使いすぎ(大工、スポーツ選手)によって起きた肘関節の変形による肘痛です。トリガーポイントブロック、安静、理学療法を行います。

手根管症候群 (しゅこんかんしょうこうぐん)

手のひらの手首部の真ん中を正中神経という神経が走っていますがこの神経が手首で圧迫を受けて起きる手のひらの痛み・感覚障害、指の運動障害です。星状神経節ブロックや局所に消炎鎮痛薬や局所麻酔薬を注入したりしますが、症状の強い時は手術になります。




文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

リハビリ診察時間

<月·水·木·土>
8:55~20:00(受付は19:30まで)

<火·金>
8:55~18:30(受付は18:00まで)

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ