• ペインクリニックとは?
    • ペインクリニックってどんなところ?
    • こんな痛みの時には…
  • クリニック紹介
    • 当クリニックについて・スタッフ紹介
    • 在宅緩和医療
    • リハビリテーション
    • 訪問看護
  • 診療のご案内
  • 交通アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
  • Q&A
    • ペインクリニックに関するQA
    • 在宅緩和ケアに関するQA
ホーム > ペインクリニックとは? > こんな痛みの時には…[ 脚・膝・足の痛み ]

ペインクリニックとは?

ペインクリニックってどんなところ?

体の部位別に詳しい症状、疾患を解説いたします。気になる部分をクリックしてください。

  • 頭痛
  • 顔面の痛み
  • 首・肩の痛み
  • 腕・肘・手の痛み
  • 胸・背中・腹の痛み
  • 腰の痛み
  • 脚・膝・足の痛み
  • その他

脚・膝・足の痛み

腰痛の項で延べましたように腰が原因で脚・膝・足が痛む場合はよくあります。そうした場合は腰の病変の治療を行います。逆に脚・膝・足の病変と考えて治療をしてもよくならない場合は腰の治療も考慮します。ここでは神経ブロックを行う脚・膝・足の病変による痛みを解説します。

主な症状 ・足の痛み、腫れ ・ひざの痛み ・足のしびれ、けいれん
・足が痛くて長く歩けない ・階段の昇り降りがつらい ・坐骨神経痛

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)

高齢になって膝の中の軟骨がすり減って膝が痛む状態です。肥満のかたは減量して膝の負担を軽くします。軽症のかたは膝の運動で膝の周りの筋肉を鍛えます。膝関節内にヒアルロン酸を注入したり、O脚を矯正する装具をつけてもらうこともあります。また膝関節周囲の疼痛部位にトリガーポイントブロックを行ったり、高周波熱凝固を行ったりします。

変形性足関節症(へんけいせいそくかんせつしょう)

けがなどで足の関節に変形をきたした状態です。安静、固定が基本ですが、関節内注入やトリガーポイントブロックを行うこともあります。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

かかとの土踏まず側の腱膜の炎症です。歩くときや立ち上がるときにこの場所が痛みます。腱が一部骨化していることもあります。トリガーポイントブロックを行います。

足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)

足首の内側のくるぶしの下を筋肉や神経が通りますが、ここで神経が圧迫されて足の裏から指が痛みます。トリガーポイントブロックを行います。




文字サイズ変更
  • 標準
  • 大きく
竜王ペインクリニックのリハビリスタッフブログ
クリニック情報クリニック情報 クリニック情報
▲ 水曜日の午前中は10:30~内科の診察のみとなります
※1は往診
※2は出張外来(白根徳洲会病院)

診察時間

午前  9:00~12:00
午後 15:00~18:00

リハビリ診察時間

<月·水·木·土>
8:55~20:00(受付は19:30まで)

<火·金>
8:55~18:30(受付は18:00まで)

休診日

日曜・祝祭日

診療科目

麻酔科、内科(漢方)、リハビリテーション科

所在地

〒400-0126
山梨県甲斐市大下条1600-5
アクセス方法はこちら



ページ先頭へ