今日は救急の日

こんばんは🌙😃リハビリ科のサメタです。

今日は9月9日で救急の日です。

そこで、肉離れや捻挫などをした際に行う応急処置を紹介します。

RICE処置といいまして、

1.Rest(安静)
Rest

損傷部位の腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。副子やテーピングにて、損傷部位を固定します。

.Ice(冷却)

怪我をした場所の細胞壊死と腫脹を抑えることが目的です。
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。
15~20分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、また痛みが出てきたら冷やします。

これを繰り返します。

Compression(圧迫)

患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。スポンジやテーピングパッドを腫脹が予想される部位にあて、テーピングや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定します。

Elevation(挙上)

腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。
損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。

Elevation

 

(日本整形外科学科より参照)

怪我をしたら、まずはこの対応をしてください。

そのまま病院へ向かいましょう。

治り方や、損傷部分を悪化させないためにも、ぜひ覚えてみてください。

 

 

 

関連記事

  1. 自粛中でも簡単エクササイズ

  2. 今日の富士山

  3. さくらと電車

  4. 自粛中でも簡単エクササイズ②

  5. ツボ紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP