最愛の兄

皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

人生って わからないものです。

兄が亡くなり、両親も辛かったと思います。

大きな病院からもう何もできないからと転院をお願いされ

最後は、小さい頃からのかかりつけの小さな病院の古い病室でした。

お腹が大きくなり、死ぬとは、こんなにも過酷なことなのか?

これは、夢? と毎日、今の現実を受け入れることができませんでした。

兄が亡くなる前に、「自殺する人が羨ましい」と言って泣きました。

そのくらい、辛かったのだと思います。

私も一緒に泣くことしかできませんでした。

その時、人生って残酷なものだと思いました。

テレビの中でしか人が亡くなる事を知らなかったのですが

現実は、悲しくて、虚しいものでした。

兄は、よく頑張ったと思います。

今、思い出してもあの時の兄の姿を忘れる事ができません。

親より先に亡くなるなんて親不孝という言葉も兄には、

当てはまらないと思います。

今 兄は、天国できっと幸せに過ごしていると思っています。

 

関連記事

  1. 秋の訪れ

  2. 好きなお店🥂

  3. クリスマス🎄

  4. 年末年始の診療

  5. 強風

  6. また雪⁇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP